カートをみる マイページへログイン ご利用案内・送料 お問い合せ サイトマップ
 

にんじん葉ができるまで


うさぎさんの大好きなにんじんの葉っぱ。

どのように栽培しているか、気になりませんか?

このページでは栽培の様子を一気に公開!

ではお楽しみください!

(1)栽培予定の畑をトラクターで丁寧に耕します。

土のかたまりが残ると生育の邪魔をする可能性があるので、注意します。


(2)管理機という土を寄せる機械で、うねを作っていきます。

「うね」とは、にんじんの葉っぱが育つベッドのようなところのことです。

周りより土を盛り上げて雨が降っても傷まないようにします。


(3)種まき機で一粒一粒種をまいていきます。

種まき後は、水やりを行います。にんじんの種は水を吸いにくいので、たっぷり水やりします。


(4)種まき後、毎日水やりを欠かさず行い、無事発芽してきました。

夏場で1週間、冬で1カ月ほど発芽に時間がかかります。


(5)にんじんの葉っぱが伸びてきましたが、同時に雑草も生えてきています。

にんじんは初期の生育が遅いので、雑草に負けないように草取り作業が大事になります。

雑草に囲まれるとにんじんの葉っぱは大きくなれません。


(6)草取り作業をしているところです。

雑草の伸びは想像以上に早いです。

1週間置くと、雑草だらけ!なんてこともあります。


(7)葉がそだってきました。

ここまで大きくなると一安心です。


(8)収穫間近のにんじんの葉っぱ。

ピンと生えそろった葉はとてもきれいですね。


(9)やっと収穫!

葉を傷つけないように手刈りで丁寧に作業していきます。

新鮮な状態でうさぎさんのもとへお届けします!


いかがでしたか?

にんじんの葉っぱを育てるのはとても手間がかかるのですが、うさぎさんに喜んでもらうためには手を抜きません。

今日も明日も畑でコツコツ作業を積み重ねます!


ページトップへ